育毛剤の副作用と副作用を起こす成分とEDについて

育毛剤の副作用について考える

薄毛に悩む方が使用している発毛剤は気軽に個人輸入ができたり、ドラッグストアでも病院でも処方してくれるので入手しやすい身近なものとなっています。

しかしその反面、気を付けたいのが発毛剤の副作用についてです。

育毛剤の副作用と育毛剤の医薬品について

育毛剤と違って発毛剤は医薬品に部類されているので強い効果がある代わりに副作用を起こす危険性があるのです。

その中でも代表的な副作用がed(勃起不全)の作用で、これは男性にとって死活問題となります。

もちろん、全ての発毛剤にedの副作用があるとは限りませんが一部の成分でそのような副作用を起こす可能性があるので注意が必要です。

育毛剤や発毛剤の副作用を起こす成分について

・ミノキシジル

多くの発毛剤に含まれているこの成分の副作用で一番多いのが頭皮の赤みや痒みで二番目に多いのが性欲減退や勃起不全です。
まだその根本的な原因は解明されていませんが今後の研究で明らかになると思われます。

・フィナステリド

これが主成分となっているプロペシアもミノキシジルと同様に性欲減退や勃起不全の副作用が見られ、この成分の説明書きでは臨床試験で276例中の約1.8%にあたる5例がこの副作用になったという結果となっています。
また、使用中ではなく使用しなくなってから副作用が起こったという例もあるので実際はもう少し確率が高くなる可能性があります。

育毛剤の副作用にEDがある

このように発毛剤の使用に関しては副作用があるのでそれを注意して使用していかなくてはいけません。

しかし、仮にedになってしまったからといってどうしようもない訳ではありません。

育毛剤 副作用 危険性に関しては、育毛剤の安全性を紹介しているサイトがありますので、参考にしてみてください。

ただ、病院にいくと勃起不全解消の薬を処方してくれるので発毛剤の使用を我慢する必要はないのです。

また、薬に関しては発毛剤と併用しても特に問題はないので気兼ねなく使用することが可能です。

このように、edの副作用がでてしまっても病院で対処することが可能なのでedを恐れずに発毛剤を使用してみてください!