薄毛には発毛剤のプロペシアでAGAを治療して改善

薄毛に悩んでいる方なら一度は耳にしたことのある発毛剤がプロペシアですが、この発毛剤はAGA(男性型脱毛症)に特化したものとなっており、その効果は絶大なものとなっています。
しかしこの発毛剤の注意点は副作用が確認されていることで、それが気になって中々プロペシアに手を出せないという方も多いと思います。
そこで今回はプロペシアaがどのような発毛剤で副作用は大丈夫なのかご紹介していきます。

プロペシアの効果

そもそもプロペシアは発毛作用が認められている薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)というAGAの原因となっている男性ホルモンの生成を防いでくれる効果が認められています。
その効果は高く日本皮膚科学会による男性型脱毛症診療ガイドラインではプロペシアの推奨度はAと高く記載されており、AGAのクリニックで処方されたという人は少なくありません。

プロペシアの副作用

そんなプロペシアもいい点ばかりではなく、副作用も確認されており性欲減退と勃起不全が主に挙げられます。
そもそもプロペシアは前立腺の治療薬のために性欲減退などの症状がでると言われているのですが製薬会社はそれを否定しているため詳細は不明となっています。
国内での臨床試験での結果は性欲減少が起こったのは全体の6%でこの発生頻度は偽薬投与の発生総数と同じくらいなので精神的な効果ではないかとも言われています。

もし、プロペシアを服用中に性欲減退や勃起不全になってしまったら使用中止するのが一番ですが発毛効果を実感したい方はED用の薬を処方してもらうことも可能なのでそちらをオススメします。
発毛剤とED治療薬を同時に服用してもいいいのかという疑問があるかと思いますが、医学的にも問題ないとなっているので安心して併用してください。

このようにプロペシアにはメリットもデメリットもありますが、副作用が出る確率も少なく、EDの薬も併用できるので悩んでいる方はプロペシアを処方してもらってみてはいかがでしょうか!?

投稿者について

oisikkusu